プーアール茶.com

下関銷法沱茶90年代 その5.

製造 : 1998年頃
茶葉 : 雲南省臨滄茶区大葉種喬木晒青茶
茶廠 : 下関茶廠(国営時代)
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 沱茶
保存 : 香港ー広州ー上海 紙包みのまま
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
茶器 : チェコの陶芸作家マルちゃんの茶壺
下関銷法沱茶90年代
下関銷法沱茶90年代プーアル茶

お茶の感想:
今日はこのお茶。
+【下関銷法沱茶90年代】
先日お茶会でこのお茶を出した。
美味しい。
広州での倉庫熟成の期間に差があり、お茶会で出したのは右の白っぽいほう。
下関銷法沱茶90年代プーアル茶
今日飲んだのは、左の倉庫熟成の浅いほう。
どちらかというと、倉庫熟成の深いほうが美味しいと思う。
このお茶には芯があるので、湿度高めの倉庫熟成でヘタったりはしない。
清らかな透明感は、新芽・若葉の配合率によるもの。
スカッと爽やかな風味は、殺青の焦がしによるもの。
トロンとまろやかな舌触りは、しっかり発酵した大葉と茎によるもの。
消えの良い甘味は古茶樹かそれに相当する生態茶樹によるもの。
バランスがとても良くて、熟茶にしてはあっさりし過ぎかと思える味が、飲みごたえのある濃厚な印象になっている。
下関銷法沱茶90年代プーアル茶
晒青毛茶の製茶の仕上げ方に臨滄茶区の特徴が出ていると思う。
大手メーカー下関茶廠のお茶は、1950年代の一部の高級品を除いて、ほとんどが地元に近い臨滄市や普耳市の茶葉を原料とする。この地域は、四川やチベットの高原の遊牧民などに向けた生活のための黒茶およびその原料となる天日干し緑茶づくりから始まり、清代の貢茶づくりが西双版納で流行した時代はその模倣品づくり、1950年代から2000年頃の国営時代は内陸向けの生活のプーアール茶や緑茶づくり、そして雲南紅茶を代表するデン紅茶、などなど、時代によっていろんなお茶をつくってきた。
比較的大量生産の製品となることが多いのでメーカーが主導で製茶を行う。山岳地帯に住む農家に晒青毛茶をつくらせる場合も、どのように茶摘みをしてどのように製茶を仕上げるのかを細かく注文する。
自由化されている現在は農家が勝手に製茶して勝手に売ることができるから、よく売れる生茶のプーアール茶の原料を主につくっているが、国営時代は物々交換するでもなければ流通は決まっているので、農家はメーカーからの注文を待つしかない。
下関銷法沱茶90年代プーアル茶
その時代にメーカーがどのような注文をしたのかは不明であるが、このお茶『下関銷法沱茶90年代』について言えるのは、殺青の火入れが強すぎて生茶の原料には向いていないということ。下関茶廠の昔の生茶には煙味が強くエグいのもあるけれど、もしかしたら、はじめから熟茶をつくるための晒青毛茶をつくらせていた可能性がある。
現在はこれが意外と難しい。
農家にしても、メーカーにしても、茶商にしても、比較的高値で売れる生茶のプーアール茶にして売りたいので、とりあえずは生茶向けに晒青毛茶を仕上げる。その場合、熟茶にするには殺青不十分になりやすい。熟茶づくりは渥堆発酵(加水による微生物発酵)の工程があり、水をかけてすぐにヘタってしまうような浅い火入れではダメだから、それが理由で近年の熟茶の味にシマリがないのかもしれない。
下関銷法沱茶90年代プーアル茶
渥堆発酵(加水による微生物発酵)をする前に、メーカーの設備で晒青毛茶を焙煎する工程があるのかもしれないが、それでも、晒青毛茶の殺青(鉄鍋で炒る)の段階でしっかり火を通すのと、後から再度火を通すのと、出来上がったお茶の風味は異なる。
あくまでも推測であるが、民営化後の近年の下関茶廠の熟茶に爽やかさと濃厚な舌触りのバランスのとれた熟茶が見つけにくいのは、製茶が変化したことによるのではないかと考えてみた。

ひとりごと:
熟茶は微生物という見えない神の意志が関わる。

8582七子餅茶99年 その1.

8582七子餅茶99年プーアル茶8582七子餅茶99年プーアル茶
製造 : 1999年
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海茶区大葉種晒青茶古樹
茶廠 : 西双版納孟海茶廠(国営時代)
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 香港乾倉ー広州ー上海 紙包み密封
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
ひきつづき孟海茶廠国営時代の孟海茶区の配方のお茶。
1999年、14年モノ。
【8582七子餅茶99年プーアル茶】
うっかりしていて茶葉の量が多すぎた。
このお茶も『千禧年7542青餅00年』と同様に、以前は易武山の女性的で複雑な風味だったが、この1999年ので孟海茶区に変わっている。
8582七子餅茶99年プーアル茶
煙草味。
孟海茶区の山、「南糯山」・「布朗山」・「孟宋山」あたりの強い風味は男性的で単純。1煎め2煎めの強い突進をかわすようにあっさり淡めに淹れるのがコツだが、茶葉が多過ぎてかわしきれず、濃い味のまま同席した人たちの舌を直撃。
茶海に湯を足して薄める応急処置をしたが、みんな水が欲しそうだった。
台湾の茶人の人の言うには、蓋碗は味がストレートに出て、味わいの観点がひとつの方向に集中しやすいらしい。いろんな方向から楽しめるのは「茶壺」ということなので、次回試してみようと思う。

ひとりごと:
道場。
道場
茶人の人にとって、プーアール茶は難しい印象があるらしい。
たしかに、茶人を介入させない雰囲気がある。専門の流通や小売はお茶を美味しく飲むための道具や水には気を配るが、お茶を飲む人に気を配ることをしない。台湾茶道のような飲み方をむしろ嫌っているようなところがある。お茶を味わうことよりも味そのものを見ること。そんなプロがしている試飲をそのままお茶の間に持ち込んでしている。
なぜそんなことになるのか?と考えてみた。
たぶん、「日常のお茶」としてのポジションを守りたいのではないだろうか。
現在、古茶樹のプーアール茶は高級茶の価格に近付いているが、それでも日常のガブガブ飲める高級茶でありたい。非日常感を演出されるのをなんとなく嫌うのだ。
お茶づくりにおいても香りを立てるような製茶を嫌うところがある(当店だけなのかもしれないけれど)。非日常感のある華やかな香りは、お茶の間には似合わないから。
そうじゃないですか?茶人の人。

黄印7572七子餅茶99年 その3.

黄印7572七子餅茶99年プーアル茶黄印7572七子餅茶99年プーアル茶
製造 : 1999年
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県大葉種喬木晒青茶
茶廠 : 孟海茶廠(国営時代)
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海−日本 袋密封
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
蓋碗できっちり。

お茶の感想:
6煎めから。
熟茶の老茶は何煎でも永久にいけそうな気がする。
白湯にほんのちょっと香りがついているだけなのに魅力的な液体。
味にならないなんらかの成分を感じ取っているのだろう。
香りはそんなに特別でもない。
焼き芋の皮のようなどこかなつかしい焦げ味。
それともうひとつは、仏教のお香の伽羅や沈香のような清浄の香り。
焼き芋の焦げ味は、おそらく原料の晒青毛茶にあったもの。
清浄の香りは、おそらく14年もの歳月で何かが焦げてできたもの。
いずれにしても焦げ味がポイント。
これをうまく迎え入れるようにしなければ。

ひとりごと:
夕涼み
夕涼み
夕涼み。

黄印7572七子餅茶99年 その2.

黄印7572七子餅茶99年プーアル茶
製造 : 1999年
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県大葉種喬木晒青茶
茶廠 : 孟海茶廠(国営時代)
工程 : 熟茶のプーアル茶
保存 : 上海−日本 袋密封
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
蓋碗できっちり。

お茶の感想:
4煎めくらいになると色も薄れて、
じっくり抽出してみたら茶湯がとろんとしきて泡ができた。
茎の部分のでんぷん質や糖質が抽出されるからだろうか。
1煎、2煎、3煎、4煎と、それそれ抽出される成分のバランスがちがって、さらに熱による変化もあって、味わいもちがってくる。
5煎、6煎になると、もう味は薄いけれど、とろんとした液体の質感や、かすかに残る小豆の香りが存在感を維持させる。
煎がつづくのは、茶葉の持つ成分の多いこともあるけれど、その成分がどういう形となって現れるかが大事。
熟茶は長年寝かせるほどに澄んでくるから、その結果があまりにもフラットになりすぎると面白くないので、茶商の倉庫熟成がある。
このお茶の小豆の香りはその賜物だと思う。

ひとりごと:
黄印7572七子餅茶99年プーアル茶
二日酔いは熟茶がよいみたい。
すーっと消えた。

黄印7572七子餅茶99年 その1.

黄印7572七子餅茶99年プーアル茶
製造 : 1999年
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県大葉種喬木晒青茶
茶廠 : 孟海茶廠(国営時代)
工程 : 熟茶のプーアル茶
保存 : 上海−日本 袋密封
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
蓋碗できっちり。

お茶の感想:
1999年の熟茶。
湯を注いだときの肉桂の香り。
くちに含むと小豆の香り。
終盤の吐く息にたいやきの端っこの焦げたところの香り。
やはりこのお茶にも、原料の晒青毛茶の焦げからくる煙味がある。
穀物のような強い甘みをともなう厚ぼったい味が、この数年のあいだにちょっと痩せて、良い具合に枯れて、涼しさと透明感を得た。
すっと喉をとおる。
熟茶は長年寝かせるほどに澄んでくる。
【黄印7572七子餅茶99年】

ひとりごと:
黄印7572七子餅茶99年プーアル茶
汗だくになる。

1

茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM